前の記事 TOP 次の記事

2018年08月01日

気学で見る地震・噴火予測

今年は大きな天変地異が起こっています。特に皆さんもお解りのように今年は異常な状況です。
全国各地で起こっている火山の噴火や毎月起こる地震です。また台風や豪雨や突風による被害も多く起こっています。

気学においての天変地異は下記のような教示があります。(年盤・月盤・日盤の総合判断をする)
地震・噴火の事象は三碧木星であります。二黒土星の事象は大地を表し、五黄土星は破壊で八白土星の事象は山を意味します。

地震において注意する時(年盤・月盤・日盤の総合判断をする)

@三碧木星が中宮位に入った時は警戒要因であります。

A三碧木星が月盤において年盤の五黄土星に同会した時は警戒要因であります。

B三碧木星が暗剣殺を持った時は警戒要因であります。

C五黄土星中宮位の年や月の時も警戒要因であります。

D二黒土星が三碧木星や五黄土星に同会した時も警戒要因であります。

噴火において注意する時(年盤・月盤・日盤の総合判断をする)

E五黄土星中宮位の年・月が警戒要因であります。

F八白土星が暗剣殺や五黄殺に同会したり、持ったりした時に警戒要因であります。

「人為乱れる時、天為乱れる時」逆に「天為乱れる時、人為乱れる時」の教訓です。人為とは政治です。天為とは自然です。

最近では各分野の研究者の予知がありますが、自然相手の事ですので大変その予知は難しいです。地震や噴火の怖さはわかりますが、恐れていては地震・火山大国である日本では生活が出来ません。いつ天変地異が起こっても良い覚悟で常日頃から安全対策や避難場所・ルートの確認をしておくことが重要です。

平成26年11月22日夜に長野県北部で震度6弱を観測した地震は、国内最大級の活断層「糸魚川−静岡構造線断層帯」の一部で発生したと言われております。死者0人と言う被害を防いだのです。
この地震では地域の「共助」が被害拡大を防いだ面もあり、減災に向けた教訓として注目されています。住民の自主避難や自治体の情報発信が常日頃からの防災に対する意識でありました。

また2000年には噴火した北海道の有珠山は「観光地」でありながら、自治体が学者の予知を優先し、犠牲者を出さなかった。火山噴火史上の“奇跡”と言われている。「備えあれば憂いなし」です。
 
posted by ひろろ at 07:13 | 占い・気学




Powered by Seesaa